【動画】レッドビーシュリンプ水槽に生物兵器の石巻貝を導入しました

FavoriteLoadingお気に入り追加 - Add to favorites

応援クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

先日ペットショップで石巻貝(イシマキガイ)が安かったので10匹購入してみました。
10匹で780円か880円でした。
同時にヤマトヌマエビも10匹買ったのでどっちがどっちか忘れてしまいました。

石巻貝は、生物兵器のコケ取り要員として期待しています。

Sponsored Link

立ち上げて一ヶ月の水槽にコケが目立ってきました。
ちょくちょく水換えしてるんですが、富栄養なのかもしれません。
多少のコケならいいんですが、毎日少しずつ増えています。
このままでは緑色に覆われそうな感じがしたので、石巻貝を投入しました。

イシマキガイ(石巻貝)は、アマオブネガイ目アマオブネガイ科に分類される巻貝の一種で、生息域は、淡水・汽水です。
淡水では繁殖しないと言われています。
ヤマトヌマエビと似てますね~。

レッドビーとの混泳は特に問題ないようです。
ショップなどでもシュリンプ水槽に入っているのをよく見かけます。

コケを食べて綺麗に掃除してくれるので、水槽内にいれば重宝しますが逆にデメリットも。。。

デメリットとしては、卵を産みガラス面などに付着すること。
(卵は孵化しますが、孵化した幼生は淡水では死んでしまうそうです。)
見た目が悪いです。

もう一つ問題になりそうなのが、石巻貝が☆になった後のことです。
残った貝殻がPHを上げてしまったり、死骸がアンモニアを発生する可能性もあるかと思います。

そして、転んだ際自立できず餓死してしまうこともあると言われています。

石巻貝を味方にするか敵にするか。
良い悪いは管理にかかわってくると思います。

基本的には、根本的な原因を解消しようとするスタイルで飼育しているので、イシマキガイなどの生物兵器はできるだけ使いたくはないのですが、立ち上げ初期は仕方ないでしょうか。

ガラス面のコケを食べながら移動する石巻貝。
よく見ると、単なる移動(口が見える)とコケを食べながらの移動(口が見えない)の2パターンあるように見えます。

石巻貝導入時の動画を作成ましたので、その動きがわかると思います。

すぐに死んでしまったとの書き込みをいくつか見かけましたので、念のため水合わせは時間をかけて慎重にやりました。
汽水→淡水の場合は、導入時に注意が必要かもしれません。

上手に付き合っていきたいですね。

それではきょうはこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が参考になった方がいらっしゃいましたら
下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです♪
↓ ↓ ↓

-水槽管理, 動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

シュリンプ水槽の黒髭ゴケに食酢が効くのか試してみた

スポンジフィルターが黒髭ゴケで醜い状態になっていたので取り除くことにしました。 ...

レッドビー水槽が緑色のコケに侵食されてきた

昨日レッドビーを10匹投入した60センチ水槽ですが、一日で一気にコケが増えてきま ...

レッドビーがハッチアウト!目的は倍速ダブル。新たな試みを実験中

新しく試している水槽で稚エビがハッチアウトしたようです。 何を試しているかという ...

クラウド導入一週間。初めて固形のエサを与えたところなんと!

4月19日に、クラウドシュリンプを導入して一週間が経ちました。 最初の一週間は、 ...

レッドビー水槽で増えたブセファランドラ・クダガンを株分けしてみた【動画】

綺麗なラメが特徴的な「ブセファランドラ・クダガン」 水槽内でもひときわ目立つ存在 ...